社交的でない:意味、兆候、例、およびヒント

社交的でない:意味、兆候、例、およびヒント
Matthew Goodman

一人っ子として育ち、一人でいることを好んだため、他の子供たちのような訓練は受けられなかった。 幸運なことに、私は社交的な人々に出会い、今日皆さんにお伝えしたい社交スキルを教わった。

ここでは、自分が社交的でないかどうかを知る方法と、その本当の意味、そして代わりに社交的になる方法を紹介する。

社会的無能とはどういう意味か?

社会的無能とは、社会的な場での技術、能力、能力が不足していることを意味する。社会的無能な人は、社会的不安に苦しんでいたり、共感能力が低かったり、自閉症スペクトラムであったり、単に社会的経験が少なすぎたりする。

自分が社交的でないかどうかは、どうすればわかるのか?

"私は時々、社会的な遅れのように感じることがあります。 どうすれば自分がそうであるかどうかを知ることができますか?"

ここでは、あなたが社交的でないかどうかを見分けるのに役立つサインのチェックリストを紹介する:

  • 人付き合いは緊張を誘うし、初対面の人との交流はできるだけ早く終わらせたいものだ。
  • 人々はしばしばあなたのジョークを誤解したり、気分を害したりする。
  • 人から避けられているような気がする。
  • 後から後悔するようなことをよく言う。
  • 会話の流れが悪く、気まずい沈黙が続くことも多い。

社会的に無能な例

社交的でない人がやってしまう5つの例を挙げよう:

関連項目: 高い社会的価値と高い社会的地位を素早く手に入れる方法
  1. 彼らが言ったことが調子外れだったために気まずい思いをした。
  2. 部屋の雰囲気や話している相手の様子を察することができず、理解できないまま相手との間に断絶を作ってしまう。
  3. ふくよかなジョークや不快なジョークを言う人を怒らせる。
  4. 初対面の人と話すときにストレスを感じる(特に威圧的な人や魅力的な人の場合)。
  5. 人付き合いを避ける、あるいは人付き合いの場から逃げようとする。

では、社交的でないことをやめるための実践的な戦略は何か?

社交的でないことをやめるには?

良いニュース:あなたは一人ではありません。 人口の大部分は、社交的でないと感じて苦しんでいます。

つまり、ソーシャル・スキルは単なるスキルなのだ。 サッカーの練習をしない人が下手くそになりがちなのと同じように、練習をしなければ、練習をしている人と同じようにうまくなることは期待できない。 サッカーがうまくなりたければ、サッカーの練習をする必要がある。 社交的でないことをやめたければ、社交的になるための練習をする必要がある。

関連項目: 会話の終わりを知る3つの方法

当たり前のことのように聞こえるかもしれないが、練習というより根本的なものが足りないと思ったので、この点ははっきりさせておきたい。

社交的でないことをやめる方法を紹介しよう:

1.社交的な人を研究し、彼らの真似をする。

社交的な人たちを見て、彼らは何が違うのか見てみよう。 なぜ彼らのジョークはうまくいくのか? なぜ彼らの会話はうまく流れるのか?

私は密かにそのような人々を分析し、彼らの行動を真似る習慣を身につけた。 日本ではよく言われることだ: マスターするまでは巨匠の真似をし、マスターしたら自分のスタイルを確立する。

今度、社交的な人が周りにいたら、特に次のことに注意してください:

  • 彼らはどのようにジョークを作っているのだろうか?
  • どんなことを話しているのだろう?
  • どのように質問するのか?
  • 彼らのエネルギーレベルは?
  • 相手の気分や会話の話題にどのように適応しているか?

2.共感能力を高める

社交的な人たちは共感性が高いのだ。 共感性を高めることを学ぶことで、私は社交的でない自分を克服することができた。

共感的であれば、他人のフィードバックの微妙なニュアンスを感じ取ることができ、自分が人を不快にさせるような振る舞いをしたとき、それを理解するのに役立つ。

自分の行動を変えるかどうかは自分で決めたいものだが、共感することで、最初の段階で情報を拾うことができる。

相手があなたと話したがっているかどうかを見分けるサインのリストです。 これらのシグナルを拾うことは、より共感的になるための強力な方法です。

3.練習場としての社交を見る

社交の場で「失敗してはいけない」というプレッシャーを感じたり、「友達を作ろう」とプレッシャーを感じたりしたことはないだろうか。

数年前、私はスウェーデンからニューヨークへ引っ越すことになった。 引っ越しを控えていた私は、人付き合いをすべてアメリカでの練習だと考えていた。 その結果、思いがけないことが起こった:

完璧であろうとするのではなく、人付き合いを練習の場としてとらえるようになったことで、プレッシャーから解放されたのだ。 しかしそれだけではない。 皮肉なことに、自分はこうあるべきだという古いパターンにとらわれなくなっただけで、社交的になった。

次の社交の場では、将来のために社交スキルを練習するまたとない機会だと考えよう。 もし失敗しても、いいじゃないか、そこから学べばいいんだ。 友達ができなかったり、嫌われたりしても、いいじゃないか。

続きを読む: 社交的になるには

4.誰かが何かを話してくれたら、それはその人にとって何か意味がある。 自分の話す順番をただ待っていてはいけない。

社交的でない人(私も含めて)の特徴は、聞き下手な傾向があることだ(私は、聞き下手であることの意味を学ぶまでは、自分が聞き下手であることさえ知らなかった)。 良い 聞き手)社交的でない人は、他の人が話している間、次に何を言うべきか考える傾向がある。 一方、社交的な人は、次のように言う、 ストーリーに全神経を集中させる .

これが経験則である:

誰かに何かを言われたら、それはその人にとって何か意味がある。 つまり、彼らの思いを大切にすることを示す機会を得るということだ。

  1. アイコンタクトを保ち、鼻歌を歌い、しっくりきたら「ワオ、クール!」と心から言うことで、耳を傾けていることを示す。
  2. 相手の話について真摯に質問する
  3. あなたの関連した話をするのは、相手が今話してくれたことに心から興味を持ってもらってからにしよう。

5.会話の自然な流れを作るためにIFRメソッドを使う

会話の中で、ついつい話し込んでしまったり、質問攻めにしてしまったりしたことはないだろうか。

行動科学者でありコーチでもある友人からIFRメソッドというかけがえのないものを教わるまでは、どのようなリズムで会話をすればいいのかわからなくなることが多かった。

こんな感じだ:

I nquire:真摯な質問をする

F フォローアップ:相手の返答をもとに次の質問をする。

R elate:今質問したことに関連することを述べてください。

そして、また質問することを繰り返す。

例えば、こんな感じだ:

問い合わせる カメラマンです。

フォローアップだ: 私は新聞社で写真を撮っているので、現場で記者の映像を手伝います。

関係する: なるほど!数年前、たくさんの写真を撮って、とても楽しかったんだけど、そこから抜け出したんだ。 あなたは(すぐに 借問 まだ楽しいと思っているのか、それとも仕事が中心なのか?

そしてフォローし、関連づけ、問い合わせ......そんなループだ。

行動科学では、このような会話を "往復会話 "と呼ぶ。 人は時間が経つにつれてお互いのことを少しずつ知るようになり、会話の流れが良くなり、一方的な会話にならなくなる。

6.周囲に好かれる努力をする

私はいつも、人に好かれようとしてきた。 その結果、謙遜した自慢話をしたり、自分を必要としたり、自己中心的になったり、自分の番が回ってくるのを待つばかりで聞き上手になったりした。 これではうまくいかなかった:

人に好かれようとするのではなく、あなたの周りにいることを好きになってもらうのだ。 人に好かれようとすると、あなたは必要とされていないように思われる(つまり、あなたは相手に承認される必要があり、それが透けて見える)。 いりびたり そうすれば自動的に好かれる。

これが実際に何を意味するのか、例を挙げよう:

人を感動させたいから話をするのではなく、その場を楽しくするために話をするのだ。 この話をするのは、感動させたいからなのか、それとも人が心から楽しめると思うからなのか。 この質問に正直に答えることで、知ることができる)

誰かが何かを話しているのなら、その人にステージを譲りなさい! その人に全神経を集中しなさい。 その人の話に関心を持ちなさい。 よりクールな話を思いついて、その人の話を壊そうとしないこと。

誰かが何か良いことをしたら褒める。 友達が気に入った新しいTシャツを着ていたら、それを褒める。 友達が頑張っていたら、心から祝福する。 友達に感謝するなら、(クールに無反応を装うのではなく)会えて嬉しいという気持ちを示す。

7.嫌われそうになったらどうするか

私の場合、学生時代にいじめに遭ったことが原点で、それから初対面の人たちに近づこうとすると、その気持ちがずっと続いていたのだと思う。

問題は、人に好かれないと思い込んでいると、(相手が好意を示してくれるのを待つ間に)自動的に遠慮がちな印象を与えてしまうことだ。

遠慮がちな態度を取れば、相手もそれを真に受け、また遠慮がちになる。 そうやって私の行動は強化されていった:

人に嫌われる -> 遠慮している -> 遠慮している -> 人に嫌われる「証拠」。

私たちはこのサイクルを断ち切るために、人と会うときはあえて温かく、親しみやすい態度で接する必要がある(これは、必要以上に気を遣うという意味ではありません)。 必要以上に気を遣うことなく、親しみやすい態度で接する方法については、こちらをご覧ください:

8.ストレスを感じ、会話を終わらせたくなることについて

会話をすることで、気まずさのレベルがどんどん上がっていくのを感じ、ストレスになった。 だから、できるだけ早く会話を切り上げるためにできることは何でもした。 当時は理解できなかったが、人々は(私がなぜいつも会話を切り上げようとするのか、明らかに知らない)個人的にそれを受け取り、私が彼らのことを嫌っていると思い込み、私を嫌いになり返した。

最後に、行動科学者の友人が教えてくれたことがある:

ストレスの多い状況から一刻も早く抜け出そうとするのが自然な反応だが、社交的でない自分をやめる鍵は、その瞬間を「贈り物」ととらえることだ:

"できるだけ長く会話に残って練習するチャンスだ!"

社交的でないことをやめるには、できるだけ多くの時間を練習に費やす必要があるのだ。 だから、会話から抜け出したいときはいつでも、次のことを思い出してほしい:

上手になるには数百時間、本当に上手になるには数千時間が必要だ。 ぎこちない会話をしている限り、少しずつ上手くなっている。

緊張やぎこちなさを感じること=改善。

9.常に新しいことに挑戦できるよう、小売業に就職する。

内気で社交的でなかった私の友人は、小売業で働き始めた。 前のステップで、何かを上手にこなすには数百時間が必要だと言ったのを覚えているだろうか?

その意味で、小売業は素晴らしい。ソーシャルスキルを練習する相手を無制限に得ることができる(しかも、その対価として報酬までもらえるのだから、パーソナルコーチを雇うよりずっと安い😉)。

次の社交で何を改善すべきか、インスピレーションを得るのに最適だ。

10.ラポールを築く

私はいつもラポールを築くこと(つまり、その場にふさわしい振る舞いをすること)に消極的だった。

でも結局のところ、信頼関係を築くことは人間としての基本的な部分なのだ。

シチュエーションによって自分の個性の違う部分を出すことができるのは、美しいことだとさえ思う。 いい意味でニュアンスが豊かになり、複雑になる。

状況に応じて行動を調整するようにしましょう。 いくつかの例を挙げましょう:

  • 目覚めたばかりで眠そうにしている友人には、あなたのエネルギーも少し抑えてあげると、一緒にいるのがもっと楽しくなるはずだ。
  • 誰かが何かに熱中しているのなら、低エネルギーで応えるのではなく、その興奮を分かち合いましょう。
  • 人生に前向きな人がいたら、自分も前向きな性格を出したいものだ。

ラポールの築き方についてのガイドはこちら。

以上が、社交的でない自分をやめるための私のステップである。 他に質問があれば、下のコメント欄で尋ねてほしい。




Matthew Goodman
Matthew Goodman
ジェレミー クルーズはコミュニケーション愛好家であり、言語の専門家であり、個人が会話スキルを磨き、誰とでも効果的にコミュニケーションできるよう自信を高めるのを支援することに専念しています。言語学の背景と異文化への情熱を持つ Jeremy は、知識と経験を組み合わせて、広く知られているブログを通じて実践的なヒント、戦略、リソースを提供しています。ジェレミーの記事は、フレンドリーで共感しやすいトーンで、読者が社会的不安を克服し、つながりを築き、インパクトのある会話を通じて永続的な印象を残せるようにすることを目的としています。ジェレミーは、仕事の場でのやり取りでも、社交的な集まりでも、日常の交流でも、誰もがコミュニケーション能力を発揮できる可能性を秘めていると信じています。ジェレミーは、魅力的な文体と実践的なアドバイスを通じて、読者を自信を持って明確なコミュニケーションが取れるように導き、私生活と仕事の両方で有意義な関係を育みます。